Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【就活と語学力の関係性】TOEICの点数や留学は就職活動に有利なのかを考える

移転しました。お手数ですが、移転先で記事をお読みください。

f:id:nickey13:20160220215037p:plain 

 

こんにちは。

私はここ近年に就活活動をしていました。

おそらく最近の学生はTOEICを就活前に受け、履歴書に書く事は必須でしょう。

さて、就活する上でどのくらい語学力は影響するのか、個人的な経験から紹介していきたいと思います。※偏見も入ってます

ちまたでよく言われるような

「TOEICはあくまでも参考程度!」

「語学力は入社後に鍛えればいいので、決定打にはならない」

「英語、TOEICできても内定0・・・」

しかしながらとあるスレッドでは

「TOEICで就活楽勝だった」

「TOEIC900、内定10社!」

など様々な意見が見られます。実際にはどうなのでしょうか?

 

某企業インターンシップにて

私は就活前にある企業のインターンに参加しました(誰でも知っている名の知れている企業です)。

参加者は東大を始めとする旧帝大でほぼ占められている中、数人は旧帝大ではない方々がいました。彼らに共通しているのはほぼ全員TOEIC800以上持っていた事でした。

 

一体どこまで見ているのか?

就活を通して感じた事は、職種にもよるのですが、グローバルな人材は積極的に募集している企業ではかなり優遇されているように感じました。私の大学ではエントリーすら通る事がほぼできない様な企業でも、TOEICの点のお蔭?で面接まで漕ぎつける事ができたケースがありました。要するに、TOEICの点が高い事で足切に合う可能性を小さくする事ができ、他の自分よりも上位の学歴の方達と並ぶ事ができると感じました。

 

英語力?他の外国語力?

ここが結構大きな問題で、就活において英語力(特に会話力)をアピールする機会ほぼありませんでした。あくまでもTOEICの点数がエントリーできるのに役立ったと感じています。しかしながら、語学力をつけた過程(いかに自分で方法を考え努力したか)を面接で話せる事は有利に働いたと思います。

一度、「君、中国に留学してたんだって?話してみてよ?」

と面接官から言われ高評価をいただいた事はありましたが、稀です。

また、他の外国語(中国語やスペイン語)などはかなり高度なレベルにないと、とくにアピールする事はできず、話のタネにできる程度でした。(その企業が積極的に採用したい場合は別ですが、) さらに、第三国語をアピールする場合は、英語ができる事は前提です。

 

留学はアピールできる?

近年では留学をしている学生は珍しくなく、その定義(語学学校も留学に入るのか?)など曖昧になってきています。英語を学んだ事をアピールする事はあまりプラスには働かなく、英語を使って何を学んだかが重要になってきます。留学は目に見えて成果が分かるものではないので、評価がされにくいです。さらに、数年休学などをしている場合は、英語ができる前提ですので、TOEICなどの点数が思ったよりも高くない場合は逆にマイナスに働く事もあるでしょう。

 

どのくらいから英語力はアピールできる?

TOEIC最低でも730点ぐらいからはアピールする事ができると思いました(理系などの場合)。900点を超えてくると何もアピールしなくても、面接官からふられる事も多いです。しかし、あくまでも英語は手段であるという事も踏まえ、そこから成し遂げた事をアピールすべきだと思います。

 

最後に

私の周りには数人TOEICが860点以上の友達(留学経験なし)がいましたが、彼らは全員就職活動を満足に終えていました。ただ、彼らが成功したのはあくまでも何かを達成するための計画性であったり、その積極的な姿勢が企業に買われていると感じました。

しかし、TOEICの点数そのものがかなり就活に有利に働くことも事実です。

就活のためだけでも英語を勉強することを私はオススメします。