Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【DYI】車に障害物センサーを付けて見えない死角を減らす

移転しました。お手数ですが、移転先で記事をお読みください。

f:id:nickey13:20170514001707p:plain

 

自動ブレーキを始めとした安全機能が最近の車には多く搭載されてきました。しかし、まだ標準搭載になっていない物を車も多く、安全機能が着いていない車に乗っている方の方が大多数だと思います。そんな中、障害物センサは事故予防に効果的かつ安価に、DYIすることができるのです。そんな障害物センサの取り付け方を今回は紹介していきます。

 

障害物センサとは?

障害物センサは、別名コーナーセンサとも言われており、車のフロントやリアに取り付けます。このセンサと障害物の距離が近くなるとアラームが出るようになっています。つまり、車がぶつかりそうになる前に警告を知らせてくれる優れものなのです!

警告の範囲としては、車と障害物の距離がだいたい3m以内になると発信するセンサが多いです。駐車する時や、信号で停止する時などの事故が最も発生しやすい場所で効果を発揮します。

 

f:id:nickey13:20170514002659p:plain

 

コーナーセンサー 【こーなー・せんさー】:自動車なんでも用語集|日刊カーセンサー

 

メーカ純正品だと十数万掛かるが、DYIで2000円に!?

冒頭で障害物センサは安価に付ける事ができると言いましたが、メーカ純正品を購入すると十数万掛かります。さらに工賃が追加すると結構お高く付いてしまいます。しかし、自分でセンサを購入して取り付けると2000円程度収める事ができます。作業もそこまで難しいものではないので、時間があれば是非自分でやる事をお勧めします。

以下Amazonで購入できる障害物センサはなんと2000円前後で販売されています(2017年5月現在)。センサは4つ着いており、前方2個後方2個などと付ける事が可能です。また、専用の穴あけ(ホルソー)も着いているので安心です。

 

 

実際に着けてみる※故障した場合は自己責任でお願いします。

私の愛車(HONDA CR-Z)に障害物センサを取り付けた様子をレポートしていきます。まずは、センサを装着します。ホルソーを使って穴をあけようと思ったのですが、フロントのラジエーター前に上手く設置できる箇所があったため、穴あけをせずにマジックテープで装着。今回は取りあえずフロントのみ設置しました(リアはカメラがあるので)。

 

f:id:nickey13:20170513232348j:plain

 

図. センサを設置後の写真

 

次に、エンジンルームと社内を仕切っているグロメットに穴をあけます(2枚目赤枠部)。キリやドリルなどを使って穴をあけると楽です。

穴を開けた場所に配線を通して、車内へ引き込みます。車種によって違いますが、グローブボックス等の裏にグロメットがある場合などが多いので、グローブボックスを外し、配線引き込みます。

 

f:id:nickey13:20170513232350j:plain

 

図. エンジンルーム全体

 

f:id:nickey13:20170514005505p:plain

 

図. エンジンルーム内のグロメット部(赤枠)

 

車内部へ配線を引き込んだら付属アンプにセンサを接続させます。電源はフューズボックスから引っ張って来て、電源のマイナス線をグランドに配線します。ACC電源を取るように気を付けてください(常時電源だとバッテリーが上がってしまったり、音が鳴り続けたりします)。ちなみに今回アンプは運転席の裏にマジックテープで固定しました。

 

ヒューズ電源からは以下のような製品を使って取ると楽です。

 

エーモン 平型ヒューズ電源 10Aヒューズ差替用 E529

エーモン 平型ヒューズ電源 10Aヒューズ差替用 E529

 

 

f:id:nickey13:20170513232351j:plain

 

図. アンプの配置位置

 

f:id:nickey13:20170513232352j:plain

 

図. アンプの配置位置

 

まとめ

作業内容は以上で1時間程度で完了できました(フロントのみ二つ設置)。センサはきちんと反応しており、駐車する際とても楽になりました(私の車はフロントが長いので距離感が掴みずらかったため)。簡単にできる内容で費用も掛からないため、是非興味がある方は試して見てください。